HAWKEYE VIEWER

鷹の目のように商圏の変化を広域監視 Hawkeye Viewer



Hawkeye Viewerで商圏のヘルスチェック!

毎週自動で更新されるレポートによって、競合店の動きを素早く察知できます。
後手に回らず既存店舗の支援や打ち手の検討に繋げることが可能となる
商圏のヘルスチェックアプリケーションです。
ご提供するのはデータではなく、データ分析者専用のツールでもありません。
ビジネスの現場で誰でも簡単に使えるレポートです。
主要なウェブブラウザからアクセス可能で、
特別に何かをインストールしてもらう必要はありません。

1 出退店速報レポート

業務ニーズ
競合チェーンの最新動向を知りたい!
画面1|出退店速報
・競合の出退店情報を週2回速報レポート!
・既存店舗のリスク管理を容易に!
・担当者の情報収集力に依存せず、常に最新情報を確認!

画面2|店舗情報ポータル
・自社及び競合店舗のポータルサイト!
・任意の店舗に関連する外部情報に即アクセス!
・担当者のスキルに依存せず、情報収集を大幅効率化!




2 周辺店トラッキング

業務ニーズ
競合店舗との来訪状況の比較がしたい!
画面1|周辺店
・任意の2店舗について、時系列、曜日別、時間帯別のほか居住地別・勤務地別の来訪状況を比較!
・競合との比較が調査無しで手間なく可能に!

画面2|特定店
・任意の店舗について、任意の一時点の前後における任意の期間の来訪状況の比較が可能!
・競合出退店の影響やキャンペーンの効果を簡易に確認!

データソース

GIS(Geographic Information System:地理情報システム)ソフトウェア『Market Analyzer』を展開している技研商事インターナショナル株式会社『店舗DMP』と連携しています。

店舗DMPとは
本サービスの監視対象となるチェーン店舗は日本全国の5000チェーン、合計約85万店舗です(2020年10月末現在)。
https://www.giken.co.jp/service/store_dmp/
データ詳細
①チェーン店舗データ
ウェブサイトのクローリングによって取得した最新の店舗位置情報を使用しています。
②来訪者データ
スマートフォンアプリから取得されたGPS位置情報に基づいています。
③店舗周辺の統計データ
国勢調査などの公的統計データをもとに技研商事インターナショナル社が推計したデータを用いています。

提供方法

■Tableau環境が既にある場合(①または②)
①TWBXファイルでのご提供
②TWBファイルでのご提供 + データソース自動連係支援

■Tableau環境がない場合(上記①または②に加えて③)
③Tableau Online導入支援(運用保守支援も可能)

詳細につきましては別途お問い合わせ下さい。

利用料金

対象店舗数や対象エリア、Tableau導入状況によって変動致します。
詳細につきましては別途お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

お問い合わせ

    Hawkeye Viewerに関するお問い合わせは以下のフォームでお気軽にご相談ください。
    通常のお問い合わせはこちらから。

    お名前
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容